iphoneが壊れたら

iPhoneは通常ですと、新品購入をしてから一年間の保証期間があります。 保証期間内に普通に使用し、使った人に過失が無く故障したという場合ですと無償での修理、交換の対象となります。 ですので、ご自身のiPhoneが故障してしまったという場合、まずはそのiPhoneが保証期間内であるかどうかの確認をしましょう。 iPhoneの故障を直す方法にはいろいろあります。いちばん確実と言える方法としてはAppleStoreに依頼するという方法です。 注意点としてはAppleStoreの場合ですと、故障したiPhoneは回収され、新品との交換になることが多いので、 事前にバックアップをご自身でとっておく必要があります。


そうしなければ今まで使用していたデータがなくなってしまいます。 また、Apple社の保険に入っていない場合は修理代金はかなり高めになってしまいます。 携帯ショップへ修理を依頼するという方法もAppleの修理工場に送られることになりますが、 直接Appleに修理を依頼する場合に比べ、日数を要すると考えておいた方が良いでしょう。 あとは街の修理屋さんに依頼するといった方法がありますが、非正規の店の場合、 故障した部分だけの交換になるのでデータは基本的にはそのままです。


Appleでの修理よりも費用は安く済みますが、非正規のためAppleの保証が受けられなくなる点に注意が必要です。 また、修理費用をなるべく安く抑えたいという場合には自分で修理する方法があります。 iPhoneを自分で分解し、修理する方法はネット上でいろいろな動画、 サイトが公開されていますので手順に沿って行えば素人でもできることがほとんどです。