用意するもの

iPhoneの修理をご自身で行う場合、まずは道具を揃えなければいけません。 iPhoneは独自の構造で造られているので、iPhoneの修理を行う場合にはその目的に合った修理道具が必須となります。 まずはiPhoneを開くためにiPhone用の星型ドライバーを用意しましょう。 iPhoneの特殊な星型のネジを回すのに必要となります。 この星型ドライバーが無くてはそもそもiPhoneを開くことができないので修理のはじめの一歩と言えそうです。 安価なものの中にはネジ穴に合わない粗悪品も多く、ネジをなめてしまう危険性もあります。


しっかりした信頼のできるものを買うように気を付けましょう。 そして00番プラスドライバーもiPhoneの修理には必需品であると言えます。 iPhoneの中身のネジはプラスのネジがほとんどですので、このドライバーを多用することになります。 袖の部分が回転するタイプのものを選ぶと作業が楽になるでしょう。


また、分解箇所を傷つけない、プラスチック製のヘラは何本か持っていると安心ですし、 スパジャーがあると分解する際、作業効率が上がります。 細かい作業をする際に使うピンセットやiPhoneのディスプレイを開けるときに必需品となる吸盤なども忘れないようにしましょう。 吸盤は百均のものでも代用できますが、初心者の場合はiPhone修理用のオープナーを選んで購入するようにした方が無難です。